一般社団法人栃木県浄化槽協会

(一社)栃木県浄化槽協会 〒321-0933 栃木県宇都宮市簗瀬町2390

機能保証制度について

トップ >> 浄化槽について >> 機能保証制度について
保証制度のしくみ

小型合併処理浄化槽は家庭等に個別に設置され、台所や便所などから出る生活雑排水や屎尿を処理する非常に優れた施設であり、周辺の水環境の保全に大きな役割を果たしています。
国は、浄化槽が生活環境の保全及び公衆衛生の向上に寄与していることを高く評価し、昭和62年より国庫補助制度を創設しました。
また、(社)全国浄化槽団体連合会【略称:全浄連】は、この浄化槽の正常な機能を保証するため、平成5年度より機能保証制度を実施しています。
この制度は、全浄連に保証登録された浄化槽に機能異常が発生した場合には、その原因者を明らかにして原因者による修補等の措置を確保するとともに、原因者が特定できない、または原因者により措置を講ずることが著しく困難である場合には、全浄連に設けられた保証基金によりその修補に要する費用を支払うものです。


保証制度のメリット

浄化槽業界の負担で、設置者の浄化槽が保証されます。
万一、原因不明の機能異常が発生した場合、保証機器が対応するので安心です。
設置者、市町村と工事事業者との信頼関係が高まります。

保証の範囲

1.保証制度の対象となる浄化槽
対象となる浄化槽は、次の2つの要件に合致するものです。
☆全国合併処理浄化槽普及促進市町村協議会の実施する登録制度により登録された浄化槽であること
☆各都道府県浄化槽協会を通じて全浄連が保証登録を行った浄化槽であること

2.保証制度の対象となる機能異常
浄化槽法第7条及び第11条に規定する検査等において、施工上の瑕疵により保証登録浄化槽の機能に異常があると判定された場合です。

3.保証の期間
本制度の保証期間は、使用開始の日から5年間とします。但し、駆動部分及び散気管については、使用開始の日から1年間とします。


保証登録申請の主な流れ

イラスト1.保証登録申請
工事業者は、各都道府県協会に「保証登録申請書」に保証登録料等を添えて、保証登録申請を行います。

2.各都道府県協会は、申請の内容を確認の上、工事業者に「保証登録証」(3枚組)を交付します。

3.保証登録証交付
工事業者は、設置者及び市町村に、「保証登録証」を提出します。

4.各都道府県協会は全浄連に「保証登録申請書」を送付し、全浄連は当該浄化槽を保証登録します。


保証の主な流れ 1、地方審判委員会で原因者が特定できる場合
1.保証申立て
浄化槽設置者・都道府県・市町村は、各都道府県協会に保証の申立てを行います。

2.修補指示
各都道府県協会は。当該協会に設置された地方保証制度審査委員会の審査結果に基づき、原因者に機能を正常にするための修補工事を指示します。

3.修補工事
修補工事を実施します。


2.原因者が特定できない、また原因者により措置を講ずることが著しく困難な場合
1.保証申立て
浄化槽設置者・都道府県・市町村は、各都道府県協会に保証の申立てを行います。

2.審査申立て
各都道府県協会は全浄連に審査を要請します。

3.保証指示
全浄連は、全浄連に設けた中央保証制度審査委員会の審査結果に基づき、全浄連の保証基金による修補工事の実施を各都道府県協会に指示します。

4.修補工事
修補工事を実施します。


出典「小型合併処理浄化槽
機能保証制度」
企画発行
(社)全国浄化槽団体連合会