一般社団法人栃木県浄化槽協会

(一社)栃木県浄化槽協会 〒321-0933 栃木県宇都宮市簗瀬町2390

生活排水について

トップ >> 浄化槽について >> 生活排水について

水は旅をしている

「地球上にある水」といわれたら、みなさんはなにを思い浮かべますか。海、川、湖、池、地下水、氷山…いろいろとありますね。でも、これらの水は、ずっと同じところにとどまっているわけではありません。水蒸気(気体)、水(液体)、氷(固体)のように姿を変えながら、地上と大気中の間をぐるぐるめぐっているのです。たとえば、海の水は、太陽の熱などで温められて上昇(蒸発)し、集まり、水滴のかたまり(雲)になります。その雲はやがて雨や雪となって地表や海面に降り注ぎます。降った雨や雪は、川の水や地下水などになって、海に帰っていきます。
水はこのような旅を何度も、くりかえしていて、この旅の中途の水をわたしたちは利用し、生活しているのです。


わたしたちの暮らしと水

水は、わたしたちが生きていくためや、お米や野菜などの食べ物をつくるために、なくてはならないものです。そのほかに、水は暮らしの中で便利な道具としても活躍しています。
物を溶かしたり、冷やしたり、浮かべたり、運んだり、電気を作ったり、実はたくさんの使い道があります。
このように、水は空気と同じように、わたしたちにとってもっとも身近で、なくてはならないものです。昔の人は、水を大切にして生活していました。さて、みなさんはいかがですか。




わたしたちの暮らしと水のめぐり

わたしたちは毎日の暮らしの中で、アメリカについで2番目にたくさんの水を使っています。料理にも使うし、洗濯や食器を洗うにも使います。飲んだ水は、「汗」以外にも「おしっこ」や「うんち」となって身体から出ていきますが、そのときも、トイレやお風呂で水やお湯を使いますね。暮らしの中で水を使うということは、水を汚していることなのです。
わたしたちは、水道の蛇口をひねると簡単に水が使える便利な生活をしています。では、その水は、どこから来るのでしょうか。ほとんどは川の水です。川からくみあげられた水が、上水場で飲めるまできれいにされ、浄水場というパイプを通って、私たちに送られてくるのです。
それでは、使ったあとの水はどうなるのでしょうか?
身近な排水路や小さな川から大きな川へ、そして海に流れ込みます。きれいな水辺を守るためには、使った水をきれいにしてから川や海にもどすことが必要なのです。
自分たちが使っている水がどこから来るのか、そしてどこに流れていくのか、調べてみるのもおもしろいですよ。
わたしたちが1人1日に使っている水の量は約200L



水が汚れるとどうなるの

川や湖そして海には、微生物などのはたらきによって、汚れた水を自分できれいにする力があります。
これを水の自浄作用といいます。
おじいちゃんやおばあちゃんが子供のころには、近くの小川で洗濯をしたり、野菜を洗ったり、魚取りや水あそびが出来ました。でも、今では魚取りも水遊びも、ほどんどできませんね。どうしてでしょう?
毎日のくらしや工場などから、たくさんの汚れた水を流しているため、川が自分できれいになろうとしても、追いつかないのです。
川や湖や海の水が汚れていると、そこに住む魚や貝そして昆虫さえも生きていくことができなくなってしまいます。特に、工場から有害なもの(水銀、ヒ素、PCBなど)が流されると、魚や貝などに有害なものが蓄えられます。その魚や貝を食べるわたしたちへの健康を害することになり、多くの人たちにその影響が広がることになります。
水の汚れと生き物の分布図

水の汚れはどうしたらわかるの

わたしたちが健康で気持ちよく暮らしていくためには、水や空気がきれいでなければなりません。そのために、みんなで努力して守ろうと決めた目標があります。「環境基準」というものです。川の環境基準では、水の汚れ具合をあらわすものさしのひとつとして、BODが用いられています。
水の汚れ具合は、ほかのことからもわかります。みなさんは、川や湖や海の水を見て、きれいとかきたいないとか感じますね。何を手がかりに判断しているのでしょうか?水の色、透明度、におい、浮かんでいるゴミなどからですね。そのほか、そこに死んでいる魚や貝や昆虫によっても、水がどのくらい汚れているのかわかります。
みんなで近所の川や湖を観察してみませんか。


水をきれいにする浄化槽と下水道

家庭から出る汚れた水をきれいにする施設として、浄化槽と下水道があります。利用者の総人口に占める割合は、平成14年度末で、下水道65%、浄化槽10%、あわせて75%です。

■浄化槽とは
台所、トイレ、洗面所、お風呂場など家庭から出る汚れた水を、それぞれの家できれいにする施設です。仕組みは下水道とほぼ同じで、下水管のない家庭専用の処理施設です。きれいにされた水は家の周りの排水路や小川に流れ込むため、どぶ川がきれいになって、魚たちや蛍が戻ってきます。魚取りや水遊びができるようになり、子供たちの遊び場となります。
浄化槽には、トイレの汚れた水だけをきれいにして、台所、洗面所、風呂場からの汚れた水は排水路や川にそのまま流してしまう「単独処理浄化槽」というものがあります。現在では新しく設置することはできません。台所、洗面所、風呂場からの汚れた水は、トイレからの汚れた水よりも汚れています。くみとり式の家も単独処理浄化槽のある家も、これからは早く「浄化槽」をつけて、家庭から出る汚れた水をきれいにして川に流すことが大事です。

■下水道とは
家庭や工場からでる汚れた水や、降った雨を下水管で集め、家から遠く離れた下水処理場できれいします。大都市ではすぐれた面もありますが、その反面、身近な排水路や川の水量が減ることがあります。
人口の少ない市町村では、家庭から出る汚れた水をきれいにすることが急がれていますが、下水道は工事にお金と時間がかかるため、市町村にとっても市民にとっても、負担が大きくなります。


出典「きれいな水のために」
企画発行
(財)日本環境整備教育センター